リフォーム・太陽光発電システムに関するご質問をまとめました。
その他ご質問やご不明な点がございましたら、
お気軽にフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

リフォームについて

Q1
見積りに費用はかかりますか?

お見積もりはもちろん無料です。お気軽にご相談ください。


Q2
見積もりした金額から代金が変わることはありますか?

お見積もりした金額が変更になることは基本的にはありません。追加でのご要望が
出てきた場合などは再度御見積もりさしあげて、ご確認いただいた上で施工いた
します。例えば下地が腐食していた場合など、そのまま工事を進めることが困難な
場合や、永く安心してお住まいいただくた めに必要があると判断した場合などにも、
別途補修費などが必要になる場合があります。
永くお付き合いいただけるよう、全て誠実に対応していきますのでご安心ください。


Q3
リフォームとリノベーションの違いは何ですか?

実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。「住まいの改修」として使われる
のが「リフォーム」、中古住宅に、新たな価値を生み出す意味合いを含む場合や、
今以上に快適な生活をするために建物を再生させる場合に「リノベーション」を
使用することが多いと考えられます。


Q4
住みながらリフォームすることは可能ですか?

可能です。リフォーム箇所ごとに分けて計画的に工事いたします。ただし、
リフォーム中の部屋での生活は基本的にできませんし、水廻りの工事ではキッチン
やお風呂が使えなかったりと、不便な面はでてきますので、
その際は別途ご相談ください。


Q5
窓サッシの交換はできますか?

基本的には可能ですが、施工する建物にもよって窓サッシが共用部分にあたる
分譲マンションなどは、管理会社の承認が必要になります。可能な場合についても、
ご希望がすべて通る場合とそうでない場合のように、ケースバイケースに
なりますのでご相談下さい。


Q6
働いているので昼間不在ですが工事できますか?

南国殖産は地域のお客様と共に成長させて頂いて参りました。お客様とは一生涯の
お付き合いと考え、信用第一をモットーに問題が解決するまで、責任を持って
対応させていただきます。


Q7
施工後の不具合や、商品の故障の時は
対応してくれますか?

もちろん可能です。責任を持って鍵の管理などを行います。
貴重品の管理などは事前に担当者とお打ち合わせ下さい。

太陽光発電システムについて

Q1
余剰発電した電気は簡単に売ることができますか?

電気を売り買いするには、電力会社との契約が別途必要ですが、電力会社との連系に
より自動的に売電・買電を行えるため、大きな手間はかかりません。
売った分の電気代は自動的に契約者の口座に振り込まれることになります。


Q2
太陽光発電システムは災害時や停電時に
電気を使えますか?

電気容量は1500W(1.5kW)までに限られるため、エアコンなど消費電力が
大きい家電製品といっしょに、多くの家電製品等を同時使用することは難しいです
が、突然の災害時や停電時でも晴れた日中であれば発電した電力を利用できます。


Q3
曇りや雨の日や梅雨の時期は電気が使えなくなりますか?

太陽光発電システムは曇りや雨の日、梅雨の季節や冬でも1年を通じて発電できます。
日中、長時間晴れ間がない場合も不足分の電気を電力会社から買電して使用する
システムのため、曇っていても雨が降っていても、
電気が使えなくなることはありません。


Q4
太陽光発電システムの耐久年数は
どのくらいの期間ですか?

ソーラーパネルの種類、設置場所などの条件に左右されますが、パネルの耐久年数は
20~30年、システム周辺機器については10年が目安とされています。


Q5
設置コストはどのくらいで回収できますか?

設置環境や規模などの条件によりますが、余剰電気を買電いただくことで、
設置から約10年でコストを回収できるといわれています。長期的には問題なく
投資回収ができるといえます。


Q6
ソーラーパネルに影がかかったり、
障害物が被さることで発電量は減りますか?

樹木や建築物などの影によって発電量は低下しますが、周囲からの乱反射に
よって、ある程度の発電は確保いただけます。


Q7
ソーラーパネルはどんな屋根にも設置できますか?

基本的にはどんな屋根にでも設置できますが、屋根に使われている素材や老朽化の
具合によっては、補強工事が必要になったり、設置が難しいケースもあります。
設置できるかどうか気になる方は、まずは弊社までご相談ください。

ネットからのお問い合わせはこちら